{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005321123715   整理番号:58A0060287

2チャネル立体再生用の音響強度誕整

Einige Gedanken zum Problem der Lautstarkeregelung in Zweikanal-Verstarkern fur Stereophonie.
資料名:
巻: 13  号: 15  ページ: 511  発行年: 1958年
JST資料番号: C0026A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
両方のチャネルの総合増幅度が等しい必要があり,この強度の調整をする二連可変抵抗において,回転角対減衰度曲線にどれだけの偏差が許せるかを解説。経験により2~3Db以内にすべきであり,減衰度0~20dBでは偏差2dB,20~30dBでは3dB,30~40dBでは4dBという規準を与える
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る