{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602005379569195   整理番号:58A0061191

“トランジスタの小信号パラメータのエミッタ電流およびコレクタ電圧による変化”の論文の補足

Supplementary Note to the Paper : ”On the Variation of Transistor Smell-Signal Parameters with Emiitter Current and Collector Voltace”.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 329-337  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0287A  CODEN: JELCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
さきに発表した論文ではベースの拡がり抵抗rb’は実験値を引用するにとどめたが,ここではIeおよびVcの関数としてrb’を解析的にもとめ,実験値と比較した。またカットオフ周波数faのIe依存性がIeの大きい値で理論と一致しない点をトランジスタの温度上昇を考慮することにより理論的および実験的にある程度まで説明できることを示した

前のページに戻る