{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005382557696   整理番号:62A0104717

ほ乳類の筋肉の水和性 X 水和牲に対するpH-影響性の可逆性(酸変性)

Ueber das Wasserbindungsvermoegen des Saeugetiermuskels. IX. Ueber die Reversibilitaet des pH-Einflusses auf das Wasserbindungsvermoegen (Saeuredenaturierung).
著者 (1件):
資料名:
巻: 116  号:ページ: 404-407  発行年: 1962年
JST資料番号: E0437A  ISSN: 1431-4630  CODEN: ZLUFAR  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウシの筋肉ホモジネートのpH5~10の結合水含量に対する影響を考察。pH5以下では非可逆的変性を示し,酸に安定な筋肉たんぱく質の特性としての知見に反するのは細胞の破砕に基因する;図1参12

前のページに戻る