{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005393113110   整理番号:62A0111253

コークス炉の無煙装炭時におけるガスの吹き込み効率

Эффективность эжекции газов при бездымной загрузке коксовых печей.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1961  号: 11  ページ: 32-34  発行年: 1961年
JST資料番号: R0056A  ISSN: 0023-2815  CODEN: KOKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コークス炉の無煙装炭を行うために,装炭の全周期にわたって炉室の両側からガスの吹き込みを行い.上部空間の吸引を行うことができる.十分な吹き込み効率を得るためにはノズルを操作する蒸気エネルギーの保存を十分に行うことが必要であり,このためにはすべこのスチームラインは厳密に隔離し,コークス炉シール部の曲部は腐食されないものを使用することが必要である.吸引程度はノズルの口径に関係がある.効率の点からみれば蒸気吹き込みもガス吹き込みも同じであるが,コークス炉操業条件でのガス吹き込みには高圧用ガスパイプを使用せねばならない;図1表2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る