{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005395288562   整理番号:58A0042035

過マンガン酸カリウムおよび二酸化マンガンの存在でのパラフィン酸化の残渣

О выходе кубовых кислот при окислении парафина в присутствии перманганата калия и двуокиси марганца.
著者 (1件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 24-28  発行年: 1958年
JST資料番号: R0063A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
合成洗剤をつくる場合合成脂肪酸および脂肪酸および脂肪族アルコールを渦マンガン酸カリウムおよび二酸化マンガンを触媒として用いて蒸留する際の残渣について,2種の触媒による比較,他の留分および温度との関係などについて検討
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る