{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005427764086   整理番号:58A0069440

カラガンダ炭田の状況に適する合理的な準備坑道開さく法について

О рациональном способе заложения подготовительных выработок в условиях Карагандинского бассейна.
著者 (2件):
資料名:
巻: 33  号: 11  ページ: 12-18  発行年: 1958年 
JST資料番号: R0115A  ISSN: 0041-5790  CODEN: UGOLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カラガンダ炭田では従来厚層および普通の厚さの炭層に対しては採炭坑道の掘進はすべて沿層で行われてきている.しかしこの方法だと盤ぶくれが激しく地圧がはなはだしいので,本論では下盤岩石中への坑道開さくを推奨している.その作業状態の詳述
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る