{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005441018346   整理番号:60A0064521

芳香族求核置換 XVI アリンに付加するのはリチウムジアルキ ルアミドか遊離第二アミンか?

Nincleophile arsoatischa Substitutionen.XVI.Legern sich Lithiumdialkamide oder freie ask.Amine an Arine an?
著者 (2件):
資料名:
巻: 93  号:ページ: 606-613  発行年: 1960年
JST資料番号: B0264A  ISSN: 0009-2940  CODEN: CHBEAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ハロゲン化アリールとリチウムジアルキルアミド(I)から第三アミンを生成する反応ではアリンが中間体となってIおよび遊離ジアルキルアミンが競争的に付加する.リチウムピペリジドと遊離ピベリジンでは付加速度はほとんど同じであった.その他
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る