{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005473412534   整理番号:60A0141595

ルイビンスカヤ水力発電所を例とする,水理観測所下流水門における冬期通過係数の研究

Исследования эимних переходных коэффициентов в нижних бьефах гидростанций на примере Рыбинской ГЭС.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 36-38  発行年: 1960年
JST資料番号: R0070A  ISSN: 0130-2906  CODEN: MEGIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヤロスラブリ付近ボルガ河の流量,平均日気温,流量と水位,発電所の平均日放水重などの資料を検討した結果,氷の存在と流れの水理学的条件変化を表わす冬期通過係数値の決定要因が,秋の氷結期の河の水量であることを結論する;図3

前のページに戻る