{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005500602359   整理番号:58A0004800

生産工程の機械化程度並びに経済的効果の測定

Zur Messung des Grades and des oeonomischen Nutzef-fekts industrieller Produktionsprozesse.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 350-354  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0174A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
機械化ないし自動化の度合の決定には作業場の特殊性が考慮されねばならないし,工程において加工されたり消費されたりする原材料の総材料消費に対する関連も重要である.本論はか〓る観点に立脚し問題を展開
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る