{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602005503422475   整理番号:58A0061167

工作機械の計算機制御に用いる可視チエック装置

Visual Check for Taped Machine Programs.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 72-73  発行年: 1958年
JST資料番号: B0317A  ISSN: 0010-8049  CODEN: CENGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
工作機の計算機制御で.プログラムが正確にもとめる部分になされているかどうかを直接眼で見ることが出来また写真にとることが出来る装置が報告されている。これはIBMCRT740,CRT780でIBM704につけられたものである。写真の方はCRTの最大の速度でトレーズすることによって.とられるが,肉眼で見る方はゆっぐリトレースしなければならないので出力をテープにとり.12のCRTがつぎつぎに3度トレースをぐりかえすうちにながめることが出来る
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る