{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005505721984   整理番号:58A0057969

一般的な四端子網理論に対する寄与

Beitrag zur Theorie allgemeiner Vierpole.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号: 11  ページ: 488-496  発行年: 1958年
JST資料番号: A0447A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
はじめて一般的な線形四端子網の行列特性を検討し伝達と影像行列を区別した.つぎに無損失四端子網の厳格な定義.ついでう個の部分四端子網の直列接続よりなる四端子網の等価回路について述べた.最後にインピーダンス整合,電力利得に触れた
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る