{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602005550223200   整理番号:58A0059847

電離層の自由電子による電波のincoherentな散乱とレーダによる大気圏外研究への応用

Incoherent Scattering of Radio Waves by Free Electrons with Applications to Space Exploration by Radar.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 11  ページ: 1824-1829  発行年: 1958年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
自由電子はある条件の下でincoherentな散乱のみを生じ強力なレーダで地球の電離層およびより高い空間で生じたこの電波の散乱波を探知セきる.得られた信号から地球半径位の高さまでの電子密度,電子温度の測定,オーロラの測定,外部空間からの荷電粒子流の検知,環電流の探究ができる.さらにレーダは太陽,火星.金星,木星のレーダエコーを受信でき,メートル波領域で未知の遠空間の放射源を探知できる

前のページに戻る