{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005600458174   整理番号:60A0140438

ケル〓インの船造波模棟について

On Kelvin’s ship-wave pattern.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 418-431  発行年: 1960年
JST資料番号: C0290A  ISSN: 0022-1120  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
集中圧点が水の臼由表面を一定窟で進行する際の船造波を,粘性と表面張力を無視し,自由表面の条件を線形化し,水深を無限と仮定し,過渡現象を無視して扱つた。到るところの波動運動は二重積分の形で表わされ,じょう乱の遠い後方の船造波は定常相の普通の方法で求まる。じょう乱点から各θc=19.5以内の領域で相当の振幅を生ずるが,その臨界線上とθ=0°の跡で,方級は駄目になるのが通例だが,ここでは特にこの部分を取り扱う.θ=0°では振幅は限りなく増加し波長は限りなく滅少し,臨界線では,表面上昇はAiryの関数で表わされる。波面の等高線図を与えた
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る