{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005698225431   整理番号:60A0127383

切削工具製作の経験から

Из практики изготовления рехущих инструментов.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 22  発行年: 1960年
JST資料番号: R0024A  ISSN: 0011-9008  CODEN: DVPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
木製都品を円すい形に加工する特殊構造の刃物。従来は旋盤刃物でおこなわれていたが,長い円すいの加工は困難で,かつ振動のため表面の出来上りが粗雑であったが,円形鉢型の刃物が考案され,1回の送りで振動なく部品が加工できるようになった。のこ屑のプレス板加工用の組合せ倣い刃物。従来倣い切削機でのこ屑プレス板の加工には直径6,9.5,10.6,12mmなどの多くのら旋状ドリルが使用きれていたが,切削部と尾部の直径の大きな差のために安定性がなかったが,本装置では各種ドリルを組合わせる構造をとり,尾部との接合はねじによるため安定性が高まった;図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る