{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005801126056   整理番号:60A0011098

いろいろのタリウム濃度のCsI(Tl)結晶における,電子およびα粒子に対する効率と主減衰時間の測定

The efficiency and main decay time of CsI(Ti) for electrons and alpha particles in crystals with different thallium concentrations.
著者 (2件):
資料名:
巻: 75  号: 486  ページ: 931-933  発行年: 1960年
JST資料番号: D0390A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
粒子衝撃によるイオン密度によってGsI(Tl)の主減衰時間が変化することは知られ,この効果はエネルギースペクトルの実験で有用であらうという。Tlの濃度を変えることは,質量分析にこの効果を使うのに有利とはならない;図2

前のページに戻る