{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005811894582   整理番号:58A0022750

マンガンで活性化した亜鉛-リチウム-けい酸塩の発光団

Люминофор цинк - литий - силикат, активированный марганцем.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 1286 - 1294  発行年: 1958年
JST資料番号: R0138A  ISSN: 0044-457X  CODEN: ZNOKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[亜鉛のオルトケイ酸塩と酸化リチウムとを4 : 2から3 : 3の比に混合すると亜鉛-リチウム-けい酸塩の結晶相が生成する。マンガンを含むこのけい酸塩のルミノグラムは赤と緑の二本の帯からなる

前のページに戻る