{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005821651092   整理番号:58A0015926

かさ歯車における歯形らせんの重要性 歯車装置に関する国際会議の-報告

Importance of tooth spiral in bevel gears.
著者 (1件):
資料名:
巻: 102  号: 42  ページ: 1822-1824  発行年: 1958年
JST資料番号: D0066A  ISSN: 0026-1033  CODEN: MWPDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
tooth bearing zoneの変移は歯形らせんにより影響をうけるがその相互関係,このらせん形と歯車の強度,運転性。歯面の負荷分布などに関するVogel氏の論文より

前のページに戻る