{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005848345961   整理番号:60A0122969

石英の膨張について

Observatii asupra dilatatiei cuartului.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 587-592  発行年: 1959年
JST資料番号: A0517A  ISSN: 0039-4033  CODEN: ARRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ルーマニア (ROU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
石英の熱膨張を20~1000°Cの温度範囲で測定,770~980°Cの範囲をさ飼ご正確に測定。熱膨張による変態と石英の物理的または化学的変化を考察している38種の石英について変態温度を測定。内25種は537°C以下で13種は537-1000°C,最初1.7-2×10-8A程度の膨張の異常性が現われた。他の鉱物の研究により,膨張曲線の形から膨張と温度のスケールの適当な拡大と適当な比率の選択によりすべての化学的および物理的変態を観察できることを確認;図1参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る