{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602005882782440   整理番号:58A0072181

天井走行クレーン軌道下構造物の変形き裂防止法

Пути улучшения работы подкранбвых конструкций.
著者 (2件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 37-38  発行年: 1958年
JST資料番号: R0104A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
天井クレーンの使用匿のひん繁化によりクレーンの荷重を直接受ける構造物(鉄筋コンクリートぱり,垂直壁,制動トラス)に変形,き裂,わい曲,リベットの切断などの現象が起り易い。金属製ばりでも緊定部の破壊が起る。これは主にレール継目とクレーン車両との衝撃,クレーン走行時の側圧により起る。この側圧と衝撃を可及的に減少排除する方法
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る