{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005884694450   整理番号:60A0092498

プリント配線板の試験的生産

Pilot production of printed wiring boards.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 257-262  発行年: 1959年
JST資料番号: A0469A  CODEN: ATEJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
英国ATE社の製法を紹介.基板を実寸より635”つつ大き目に高速回転研磨円板で切り,垂倍大の原図からスクリーン印刷法を用いる.腐食機中の吸引ゴムに装着させFeCI3液で6分腐食する.これを3段流しで15分水洗し,レジストをとってから非イオン水で2分洗い60°Cで由時間乾かして防鱈レジンを塗る.シングルまにはマルチボール盤で1ユ7φの孔をおける.部品側に低圧空気を吹きつけながら25Wのこてでハンダ付けする,不良率は0.07%以下
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る