{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005901341566   整理番号:60A0094977

線形サーボ理論のAGCループ回路設計への応用

The application of linear servo theory to the design of AGC loops.
著者 (2件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 234-238  発行年: 1960年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
AGC回路の解析方法を示す.この方法により,実際に製作するに発だって入力信号の変化に対するレスポンス,周波数特性,雑音に対する受信機の増幅度の誤差などを調べることができる.さらに統計的フィルタ理論と組合わせるとSN特性が規定されたときに最適のAGC系を求めることができる.ここに示した閉回路の故学的関係は簡単で,理論の基礎となった仮定は実験により確かめられ.実際と理論のよい一致がみられる

前のページに戻る