{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602005944702228   整理番号:58A0060735

セラミックでXバンド空胴共振器をつくる技術

Fabrication Techniques for Ceramic X-Band Cavity Resonators.
著者 (3件):
資料名:
巻: 29  号: 10  ページ: 865-868  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0517A  ISSN: 0034-6748  CODEN: RSINAK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クライストロンの発振周波数安定化のために熱膨張係数の小さい空胴共振器をつくる必要にせまられ,熱膨張係数がほとんど零に近いセラミックで形をつくり,その内面に銀めっきすることにより目的を達成した,そのセラミックは加工性も良く,めっきしやすい,Qの値は14000に達し温度係数は1°につき10-8である
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る