{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602005977200562   整理番号:58A0056296

モスクワ変圧器工場における窒素による変圧器絶縁劣化予防の経験

Опыт азотной защиты трансформаторов на Московском трансформаторном заводе.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号: 11  ページ: 65-67  発行年: 1958年 
JST資料番号: R0119A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
変圧器油や綿絶縁の,酸化による劣化を予防するために密封形式が用いられるが,油中にあらかじめ存在した空気中の酸素の影響は避けられない。本論文でな油面上に清浄なN2を満たし,分圧の差によって油中のO2を拡散させる方法の実例を概説。油のみでなぐ紙などの固体絶縁物にも有効であることを不した

前のページに戻る