{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005982514079   整理番号:58A0062948

地表近くの屈折法のための計算尺

A Slide Rule for Near-Surface Refraction Problems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 154-163  発行年: 1958年
JST資料番号: C0071A  ISSN: 0016-8033  CODEN: GPYSA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
屈折法の走時から,第一層の深度,第一層と第二層の速度比,第二層との境界面からの反射走時が簡単に計算できる計算尺である.多重層の場合にも利用できるように目盛ってある.屈折法の表層補正に利用できる
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る