{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006043670250   整理番号:60A0014357

β崩壌に続くC6H5Tの分解

Dissociation of C6H5T following beta decay.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 1234-1239  発行年: 1960年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
C6H5Tのβ崩壊に続く分解によって生じた各種イオンの相対量を特別に設計した質量分析器により測定した。この結果とベンゼンに対する電子衝撃の結果は他のトリチウム置換炭化水素についての結果と本質的に一致している。β崩壊後のベンゼンの励起は3He2+核形成に続く急激な電子摂動による
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る