{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006058396600   整理番号:60A0085082

強塩基型陰イオン交換樹脂AV-17によるU,V,Pの収着

Сорбция урана,ванадия и фосфора сильноосновным анионитом АВ-17.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 204-208  発行年: 1960年
JST資料番号: R0049A  ISSN: 0023-110X  CODEN: KPRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炭酸溶液および塩酸溶液の場合UからはVのほとんど(96-97%)が,またPは事実上完全に分離される。炭酸溶液の場合,吸収したUを樹脂から脱離するには2MのNaCl溶液か1MのNaNO3溶液が効果的である。硫酸溶液から吸収したUを脱離するには2Mの硝酸か塩酸,または1MNH4NO3と0.1MHNO3の混合溶液を用いる。塩酸溶液の場合は蒸留水に通すとUを容易に脱離できる。陰イオン交換樹脂AV-17は10Mまでの塩酸中,8Mまでの硝酸中で化学的に安定である
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る