{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006147902889   整理番号:60A0101128

電磁波,音響,超音波標定と心理学および医学の関係

Diskussionstagung des Ausscnusses fur Funkortung in Essen vom 4. bis 8. Januar 1960 uber ”Beziehungen der elektromagnetischen sowie der Schall- und Ultraschallortung zur Psychologie.und Medizin”.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 154-155  発行年: 1960年
JST資料番号: D0204A  ISSN: 0948-728X  CODEN: NAZEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1960年1月4日から8日までEsseuで行なわれた無線航法委員会における電磁波り音波,超音波を使った航法用機器が人体にむよぼす医学的,心理学的影響に関する討論を述べ.今後の研究の方向を示唆している

前のページに戻る