{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006179729623   整理番号:58A0061412

非可逆素子を持たないメーサ増幅器の提案 [寄書]

Proposal for a Maser-Amplifier System Without Non-reciprocal Elements.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 11  ページ: 1880-1881  発行年: 1958年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
メーサは満足なフェライトサーキュレータが当分得られそうもない周波数で動作してきているから,空洞型メーサを考える必要がある.こ」で提案するものは,二つの整合したメーサを要するが,利得帯域の損失はなく原理的に他のメーサと同じ雑音指数を持ち,信号はマジックTのside armから入り主アームに等分に分かれメーサにより増幅反射され,位帽を180°ずらして第四のアームに取出す方式のものである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る