{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006198838573   整理番号:60A0100054

磁気共鳴に用いる反射型クライストロンのトランジスタによる周波数安定化回路

Transistorized frequency stabilization for reflex klystrons used in magnetic resonance.
著者 (1件):
資料名:
巻: 37  号: 10  ページ: 372-374  発行年: 1960年
JST資料番号: C0354A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ESR分光計はクライストロンに周波数安定化のための装置を附することにより性能を向上させることができる。ここではトランジスタを用いた回路により目的を達しているが,クライストロンに2K25を用い,空胴のQが3.000の場合,電源リッブルなどによる影響は約1000分の1にすることができた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る