{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006247169828   整理番号:60A0093229

炭素皮膜抵抗のインピーダンスと周波数および直流抵抗との関係

Der Scheinwiderstamdstrag von Kohleschichtwiderstainden in Abhangigkeit von der Frequnz und von Gleichstromwider. stand.
著者 (2件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 193-197  発行年: 1960年
JST資料番号: C0021A  ISSN: 0016-1136  CODEN: FQNZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炭素皮膜抵抗のインピーダンスはその取り付け方で大きく変化するので,ここでは抵抗の長さを基準にしてその%に等しい距離だけ金属支持板から平行に離すという条件の下でさらに金属ケースでシールドして測定した.インピーダンスと周波数の関係を表わす曲線から等価回路は,100Ω以下の低抵抗に対してはRo(直流抵抗)とLの直列回路,1000Ω以上の高抵抗に対してはRoとCの並列回路,また100~1000ΩではRoとLの直列になったものにさらにCが並列に入った回路となることが解っだ.それ故カッティングのら旋数を加減して適当なLを持たせると周波数限界を相当高くまで広げられる
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る