{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602006263988480   整理番号:58A0047780

有機りん酸殺虫剤の牛における代謝 : パラチオンと特に関係のある反すう液

Bovine Metabolism of Organophosphorus Insecticides : Significance of Rumen Fluid with Particular Reference to Parathion.
著者 (3件):
資料名:
巻:号: 10  ページ: 740 - 746  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0251A  ISSN: 0021-8561  CODEN: JAFCAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
牛の反すう液で有機りん酸殺虫剤が加水分解を受けるが特にパラチオンではこの過程で酸化よりも還元反応の方が重要である。この事実から各種りん酸殺虫剤の体内での推移と毒性の問題が再検討されている
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る