{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006286376016   整理番号:60A0044653

流れのよどみ点で化学変化によって凍結現象がおきているごとき境界層をもつ流れの境界層中での比熱のばらつき

Specific heat inequality effect in the chemicallyfrozen stagnation point boundary layer.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 11  ページ: 1028-1029  発行年: 1960年
JST資料番号: C0248B  CODEN: JARSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[飛行体の表面が高度の冷却をうけているごとき場合の流れに対して,流体の比熱が場所的に変化することを考慮してエネルギー方程式を解き熱伝達率,熱伝達量が受ける影響につき解析,その比熱変化様相は実用的に見て熱伝達率に強い影響を与えることを結論;参2]

前のページに戻る