{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006329375930   整理番号:60A0053608

りん灰石構造をもった新しい化合物 III 鉛りん灰石(緑鉛鉱)の格子における同形置換のより広い可能性

Neue Yerbindungen mit apatitartiger Struktur.III.Weitere Moeglichkeiten des isomorphen Ersatzes im Gitter der Blei-Apatite(Pyromorphite).
著者 (2件):
資料名:
巻: 113  号:ページ: 475-477  発行年: 1960年
JST資料番号: E0436A  ISSN: 2194-4946  CODEN: ZEKGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
りん灰石構造をもち,緑鉛鉱から導出された新しいいくつかの物質についてのべる.ハロゲン位置は空いているか.部分的に占められている.カルシウムりん灰石について同様のことが起こっているかどうかは今のところ分かっていない

前のページに戻る