{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006341277715   整理番号:60A0068323

鉄鋼用耐火物は変化を経験している

Steel refractories experience changes.
資料名:
巻: 135  号:ページ: 44-47  発行年: 1960年
JST資料番号: B0083A  ISSN: 0006-9779  CODEN: BRCRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国では耐火物の全生産の70%を鉄鋼が消費する.荷重軟化をもっとも嫌うが塩基性れんがでは苦土の純度によって決定される.高炉の出銑量は温度と通風圧につれて上昇する.高級粘土れんがでは不充分なので将来は合成ムライトが使われると思われる.平炉の天井は酸素製鋼のか酷さによりけい石から塩基性に変わりつつある.貯熱室の格子にも塩蓋性れんがが試用されている.転炉鋼は3%.電炉鋼は7%に過ぎないので問題は少ない.とりべとコークス炉れ〓がには大した進歩が見られない
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る