{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602006365736281   整理番号:58A0053324

非線形系の解析,設計に用いられる理論の有効性

Availability of Necessary Theory for the Analysis and Design of Nonlinear Systems.
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 60-61  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0238A  CODEN: IRBSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非線形系を解析,設計するのに用いられる手法を示し,それがどのような場合に適しているかをそれぞれ簡単に述べている。初めが記述関数の方法,次にレース・ブレーク系,第3の分野は2つの非線形要素を通るランダム変数の場合,4番目の非線形系としては変調系について示している
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る