{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006392369452   整理番号:60A0082519

小麦の汚物含量を測定する方法に対する5つの試案

Five proposed methods for determining smut content in wheat.
資料名:
巻: 37  号:ページ: 289-308  発行年: 1960年
JST資料番号: B0245A  ISSN: 0009-0352  CODEN: CECHAF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
5つの試案とは,光の透過率の測定,沈殿物の定量,カタラーゼ活性の測定,光の反射率の測定,および光の吸収率の測定である。これらの方法を0.5~3.0%の汚物を含む小麦の試料138個につき適用した。その結果を顕微鏡による汚物胞子数の測定結果と比較した。いづれも高い相関々係が認められた。単純性,実際性,速度,的確度,精密度,装置のコストなどを考慮すると,操作に低コストが要求される場合には沈殿法が好ましい。この方法は汚物かあるいはカビの汚染かを区別する際にも適用できる。しかし光吸収法は胞子濃度を直接かつ迅速に測定できるので最も実用性が高い
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る