{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602006550160523   整理番号:58A0060616

下記二論文に関する討論「プリッカ効果の原因としての空間電荷」( PIEE Pt B 1958 年3月号)「空間電荷のあるときの二極電極間容量」(PIEE Pt B7 月号ともに著者 C.S.Bull)

Discussion on ’Space Charge as a Source of Flicker Effect’ and ’The Capacitance between Diode Electrodes in the presence of Space Charges .
資料名:
巻: 106  号: 25  ページ: 57  発行年: 1959年 
JST資料番号: D0381A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
上記論文に対し, W.F.Lo vering が引用式に誤りがあり,結論は無意味であると指摘したのに対しσ.S.Bunは理由を解明して結論が正しいと主張した

前のページに戻る