{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006561839323   整理番号:68A0207647

BQ形高圧キュービクル QS形小油差量しゃ断器収納

資料名:
号: 80  ページ: 34-45  発行年: 1968年
JST資料番号: F0196A  ISSN: 0386-1562  CODEN: MEJIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BQ形3系列の標準製品を完成したので説明する。BQE形(TEM1114E)はしゃ断器を2段積みにし,従来の2面を1面に収納してあるので,すえつけスペースは従来の盤に比べ半分以下になる。しゃ断器は引出形で,主回路に自動違績式断路部がある。BQD形(TEM1114D)は,すえ置形しゃ断器を用いているが車輪付なので搬出可能で,断路器は遠方手勲操作方式てあろ。すえつけスペースは従来の盤に比べ2/3以下になる。BQ0形は開放形てキュービクルとは言い難いが,自立わく組とし単位回路の器具を取付けてあるため,すえつけが容易で,かつ,スペースが小さくなる;写図19表8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る