{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006566631062   整理番号:68A0141407

セルモデルの考察と正確なGibbs-Duhem積分とから得られる,EMF浸透圧とemfから得たものとの比較

Comparison of osmotic pressures from EMF measure-F ments,obtained according to cell-model considera-tions and exact Gibbs-Duhem integrations.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1061-1066  発行年: 1967年
JST資料番号: C0346B  CODEN: JPLPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非イオン化多塩基の沈殿と平衡にあるポリジエチルアミノエチルメタクリレート塩酸塩水溶液の,重合体およびNaClの各種濃度および各種pH値での浸透圧をemf測定および高分子電解質に対する“セル”理論より導びいた。単一イオンの活動度を次の二つの方法で評価;まずイオン-特異性電極-カロメメル電極を用いて測定。次に塩橋を用いるただし共イオンは同濃度の高分子電解質の存在しない溶液中で,その塩の平均活動度係数に等しい活動度係数を持つと仮定する。結果から,浸透圧の計算値は,第一の方法を用いた場合,Gibbs-Duhem関係式の正確な積分法から得た式のと一致する。しかし,単一イオンの活動度を第二の方法で求める場合は,得られた浸透圧は10%ほど低くなる。これらの差異は,二つの方法が,単一イオンについて異った活動度値を生じるために起る;図1表3参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る