{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006567596864   整理番号:68A0146938

神経性障害心臓におけるニトログリセリンおよびイプロニアジドの抗アドレナリン作用

ОБ антиадренергическом действии нитроглшцё-рина и ипразида в условиях нейрогенного пов-реждения сердца.
著者 (2件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 174-177  発行年: 1968年
JST資料番号: R0167A  ISSN: 0014-8318  CODEN: FATOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
KC1を側脳室内に投与し冠動脈不全を起したネコにィプロニァジド(I)を静注,またはグリセリン(II)を経口投与し,心筋のカテコールアミン含量,ECG,組織学的変化を検討。また麻酔ネコの側脳室紅I,豆を投与し,心筋中のカテコールアミン含量,下心臓神経の電気活動性,動脈圧,冠血管の緊張度を測定。王および互は徐脈,血圧低下,心筋中のカテコールアミン蓄積の抑制,下心臓神経の電気的活動性の低下,心筋の類壊死の軽減を起す。以上よりIおよびIIは中枢性の抗アドレナリン作用を持つと結論;写図1参24
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る