{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006569347772   整理番号:68A0153821

Glemys Casp ca rivulala(淡水産カメ)およびAngnilla angUilla<ウナギ)のヘモグロビンの組成

Zur Constitution der Hamoglobine der Susswasserschil-dkrUte Glerqys caspica rivulata und des Aals Anguilla anguilla.
著者 (2件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 51-62  発行年: 1968年
JST資料番号: C0452A  CODEN: ENZYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ろ紙およびでんぷんゲル電気泳動によって,カメのヘモグロビンは3成分に分かれ,ウナギのヘモグロビンは5成分に分力れれる。トリプシン消化により前者は30-31個のペプチドが後者は45のべプチドが得られ,これはリジンとアルギニン残基の和力らの予想値より低い。前者は,9-テロシン,9-アルギニン,17-スチジン,7-トリプトファン,後者は12-チロシン,14-アルギニン,15-ヒスチジン,9-トリプトファン残基が得られた。(クロマトグラフ法)。クロマトグラフィーにより得られた残基数はアミノ酸分析の値より低い;写図6表3参7

前のページに戻る