{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006573818593   整理番号:68A0206034

過渡安定度計算における動揺方程式の新解法

著者 (2件):
資料名:
巻: 31  号: 12  ページ: 1259-1268  発行年: 1967年
JST資料番号: F0014A  ISSN: 0366-8886  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電力系統の過渡安定度を計算する動揺方程式を非線形積分方程式に変換して解く新しい解析的手法を開発した。最小自乗法を採用してsinδ(t)をδ(t)の多項式で展開して動揺方程式を超だ円方程式に変換し,さらに二重積分してボルテラ型第2種積分方程式にして逐次近似法で解いた。最後にこの理論をある計算例に適用て(t)の多項式の次数,逐次近似の方法による精度に及ぼす影響を検討した;写図4表4参7
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る