{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006577043871   整理番号:68A0316313

メチルアミンとアンモニアの混合気体の放射線分解とアンモニア中の炭素原子の反跳化学に果たす役割

The radiolysis of gaseous mixtures of methylamine and ammonia and its bearing on the recoil chemistry of carbon atoms in ammonia.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 187-190  発行年: 1966年
JST資料番号: C0563A  ISSN: 0033-8230  CODEN: RAACA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一定の放射線量中で,アンモニアで希釈したメチルアミンの気相放射線分解によるメタンの収率について,メチルアミンの濃度の関数として調べた。メタンの収率は,最初のメチルアミンの量に対する%で表わした場合に,アンモニアによる希釈率が増加するにつれて増加し,メチルアミンのmole%が0.0019のときには31%に達した。この場合2×103モル%のメチルアミンを5×10-1eV/moleculeの放射線量で照射した。メチルアミンを純粋な形で照射した時に生ずる,炭化水素の生成量が少くないのと比較すると,放射線還元反応が進行していることが分かる。また,メチルアミンとアンモニア混合気体に酸素を混入すると放射線分解生成反応によるメタンの生成を完全に阻止することが分った;表1 参9

前のページに戻る