{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006593489006   整理番号:68A0125363

“hot line”法による薄層クロマトグラムでの物質の検出法

Detection of substances on thin layer chromatograms by the hot-line technique.
著者 (2件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 548  発行年: 1968年
JST資料番号: C0278A  ISSN: 0021-9673  CODEN: JOCRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
薄層クロマトグラム上で物質を検知する非常に簡単で便利な方法を提示。ニクロム線をはり,それが赤くなるまで電流を流す。クロマトグラムのプレートを短時間その熱線の下におくか,瞬間的にプレートに触れさせる。これで有機物が炭化するのは1~2mmのみで,試料の損失を最小にできる。その装置を図示;図1

前のページに戻る