{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006603224715   整理番号:68A0232017

炭素鋼のr相における衝撃押出し圧力の温度依存性

著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 464-469  発行年: 1968年
JST資料番号: G0023A  ISSN: 0021-4876  CODEN: NIKGAV  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.52%までの炭素を含む5種の炭素鋼つついて押出し比R静よび衝撃速度Vmaxがそれぞれ4.6,6.8m/sおよび10,9.1m/sの下で800へ1200°Cの温度域で衝撃押出しを行ない,ポンチ圧力の温度依存性について調べた。押出し初期に生ずる圧力Pmaxはαおよびγ相で異る温度依存性を示しPmax=Aln ReB/Tの関係がある。温度足数BはB=0Hノmkで表わされ,mは炭素濃度によ変変化するが,純鉄から0.5%Cまでに10から5まで減少するとすればΔ遭=37~32koal/mO1とな多γ鉄の自己拡散活性化ネルギーの懸ぼ殆となり一定値を示す。これはこの温度域の高速下の変形機構が低速かつ低温の影響の結果と思われる;写図9表2参22
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る