{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006605018519   整理番号:68A0320136

β-崩壊の確率を決める関数の計算

ЗНАЧЕНИЯ УЧУГГТЛУ ОТЭЕ
著者 (4件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 215-219  発行年: 1968年
JST資料番号: R0045A  ISSN: 0367-6765  CODEN: IANFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2次禁止転移までのβ崩壊の確率を書くときに用いられる関数,F(-Z,E),Lo,N0,瑞,LI,N,,夙,L2をスクリーニン/グ効果,核か有限の大きさをもつことを同時に考慮して計算した。計算に用いた原子場のポテンシャルはHerman-Skillmanの自己無どう着ポフンツヤルである1.01~19.20me 2.Z (A)=9(20)>17(35).29(64).40(91).49(114).69(170)・84(210),95(242)での計算結果をF(-Z,E).FNo,F橘,PL,FNI.FM,,FL2の表で与えた。転移確率に対する原子場のポフこ/ツヤルの形の影響も論じた;表10参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る