{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006617473688   整理番号:68A0241561

電子顕微鏡および電子回折法によるモリブデン中への非金属の混入と融解ふん囲気との関係の研究

Исследование неметаллических включений в молибдене в зависимости от среды плавки методами электронной микроскопии и электронной микродифракции.
著者 (5件):
資料名:
巻: 179  号:ページ: 1367,1400-1402  発行年: 1968年
JST資料番号: R0025A  ISSN: 0002-3264  CODEN: DANKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高純度の各種モリプデン試料を用い,各種の真空ふん囲気中で熱処理を行なった。油拡散ポンプによる10-7mmHg程度の真空ではMo2Cの混入が多く,イオンポンプによる10-7mmHgで,その量は滅るが完全には除けない。水素ふん囲気中ではMoO2が増大しMoOCはやは残栽る。また出発試料の純度が高いほど処理金属の純度も高い。したがって純金属調製の全過程を通じて混入を抑えるよう注意しなければならない;図3参12

前のページに戻る