{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006618961910   整理番号:68A0221929

電子計算機と情報処理システム

Calculateurs et systemes de traitement de l’informa-tion.
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号: 494  ページ: 438-442  発行年: 1968年
JST資料番号: D0247A  ISSN: 0030-2430  CODEN: ONELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子計算機の歴史と発達についてのべ,情報処理システムとそのすう勢について説明した。第1期(1942~1957)では,科学技術計算や管理業務を目的とし,論理回路や記憶回路に真空管を使用,磁気ドラムや磁気コアの技術はまだ不十分であった。第2期(1956~1965)では,磁気コアによりマイクロセカンド級のアクセスタイムが可能となった。将来の問題としては,集積回路や磁気薄膜を加えて容量や速度,ビット当りのコストなどから,最も適当なシステムが選ばれることになろう;表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る