{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006625338889   整理番号:68A0103721

粘度計がC重油を働かせる

Viscosity meter makes bunker Eng EJ
資料名:
巻: 73  号:ページ: 66-67  発行年: 1968年
JST資料番号: D0018A  CODEN: MENLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
燃焼効率がよく,炭化が少ないことは船の運航費の節約となり,燃料の適当な粘性と関係がある。値段が安く,船に広く使用されているC重油をバーナの要求に適応させるには,粘度の低い燃料をまぜるか加熱を管理する。燃料の品質は粘度計で測定する必要があり,Viscothermは測定圧力差に比例した空気圧信号を制御所へ送り,蒸気弁によりその流量を制御する;写1図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る