{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006625633724   整理番号:68A0305081

フライス加工用取付具標準化の実際

著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 15-20  発行年: 1968年
JST資料番号: F0145A  ISSN: 0451-9396  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標準化の利点は,設計工数,製作コストが引下げられる,使用に際してトラブルが少ない,誤操作の防止に役立つ,廃却ジグの部品が流用できる点にある。しかし,標準化は制約されることであって,標準部品の制定・改訂に時間がかかり,新しいアイデアが出にくくなる欠点もある。フライス取付具の構成要素(本体,加工物支持要素,位置決め,締付け,カッタ合わせなど)とその標準化例をあげる;写図19
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る